代表挨拶

代表取締役 小林 篤史

「必ずラクになってお帰り頂く」

2006年の開院当初から、私たちはこの理念の元日々精進に励んでいます。

現在、どんどん便利なものが出回る中、人間の心も身体もそれに対応するように変化してきています。スポーツを見ていても、陸上や水泳では10年前では考えられなかった世界新記録が続出し、インターネット業界でもPC・スマートフォンだけでなくセンサリング等を用いたIoT(Internet of Things)への技術が追求されてきています。

しかしその変化は必ずしもプラスに働いているとは限りません。むしろ「身体を使わなくなった」人が多くなってきている今、「健康」についての問題が多様化しているのです。

今から20年前、私が治療家の門を叩いた時、普通にマッサージをしているだけで症状を軽減することができました。だが今は人間の身体がかなり変化しています。環境の変化により、姿勢も自律神経もそれに適応する形で乱れているのです。

よって私たち治療家もただ技術を追求するだけでなく、患者様の状態をヒアリングし、的確なディレクションを行ない、患者様を快方に導く、こういった新しいスタイルが不可欠になってきています。時代の流れを先読みし、対応できる人財を育成し、社会に貢献していくのが、ボディスプラウトの使命です。

株式会社ボディスプラウト
代表取締役 小林 篤史